ブログ用1

この時期になると日傘の染み抜きとか色焼けなどの依頼がきたりします。

つい先日プレゼントで日傘を選んでいたのですが、単に日傘と言っても奥が深いことを初めて知りました。
綿や麻の素材で修復写真のように刺繍がしてあったりするのが一般的だと思っていたのですが、現在はかなり色々な種類の日傘があるようで、やれUVカットやら完全遮光やら傘自体に熱を持たせない傘など色々あり、驚いたのは下から反射してくる照り返しの紫外線をいかに逃がすかみたいな部分の技術革新などがあって、ネットで選ぶのに1時間近くかかってしまいました・・・( ̄ロ ̄|||)

僕が感じたのは日傘ってカーテンと同じような感覚だなって事ですね。

ブログ用3

日傘は解体して染み抜きを行います。
なので解体取り付け費用が染み抜き費用と別にかかります。

ブログ用2


全体の黄ばみ取り、焼け修復作業を行いました。
状態によっては新しく購入した方がよいケースもありますので、全てをお引き受けできる物ではありませんが、ご相談されたい場合はクリーニングステーションまでお問い合わせください。


【お電話での相談】
092-555-2416 
平日 11時から17時まで
土曜 講習や指導でお休みすることがあります
日曜、祝日はお休みです

【ネットからの相談】
写真などが事前に送れる場合はネット登録も可能です
クリーニングステーション 
(無料診断から相談してください)


5月はTV放送が3件ありまして「なんか最近よく出るね」って言われるのですが、たまたま放送日が5月に重なっただけで、2010年の後半から月1回しか取材オファーは受けていません。
たぶん半分以上お断りさせていただいている状態です(・ω・ノ)ノ

前にも書いたと思いますが、テレビに出る事が僕の仕事ではないですし、テレビに出たいからこの仕事(生き方)を選んだ訳ではありませんので、テレビに出る事を目的にしてると本末転倒です。
例えば染み抜きコンサルタントとか染み抜き研究家などの生き方をしているのであれば、テレビや雑誌に出る事は目的の1つの手段として必要です。
現に僕も2008年から2010年にかけては書籍やDVDを出しましたので、メディアには多く出演しましたし、それが結果的には営業になるのでやる必要があったと思っています。

要は染み抜き職人としての生き方に必要かどうかという事ですね。
ただ、「家庭でできる染み抜き」という部分においては多くの方に知ってもらい、家庭洗濯の手助けとなればと思ってやっております。
それはあくまでもボランティアというか、仕事とは別の趣味のような感じですね。
なので現在月1回の取材以外はお断りさせて頂いております。

こういう事はブログに書く事じゃないかなって思ってたんですけど、ほんとよく聞かれるので「ブログ読んでください」って言えるようにここに書いておきます(笑)
僕の考え方はすべてにおいてシンプルです。