バッグ色移りブログ1
















ヴィトンアズールバッグに洋服からの色移りです。
色移り自体にすぐに気付いたようで、摩擦抵抗の多い中心の出っ張っている部分だけ色移りしてしまった状態です。
ヴィトンアズール、グラフィット、ダミエなどの素材を革だと思っている方も多いみたいですが、素材はキャンバス生地になります。
キャンバス生地表面に塩化ビニールPVCの樹脂加工をして作られており、アズールの場合土台は真っ白なのです。
真っ白な土台の上にネイビーとライトベージュの細いラインをヴィトン独特の市松模様にプリントしている状態になります。
ライトベージュのラインは一見見逃しやすく、説明しても「え?そんなの入ってますか?」と言われる方が多いですが、じっくり見て頂ければ一目瞭然なので確認してみてください。
また、販売店やクリーニング店でも構造をきちんと理解しているお店が少なく、「表面がPVCコーティングしているから染み抜きできない」とか平気で説明するお店も多いようです。
PVCコーティングしているのは表面ではなく土台になっているキャンバス生地の方なのです。

バッグ色移り
















これは別の方のアズールになりますが、使用していくと四隅などの摩耗が激しい部分からプリントが擦れ落ちその下の白いPVC加工されているキャンバスが露呈していきます。
アズールやダミエの染み抜きが一般の染み抜き業者で難しいと言われるのは、シミを落とすために使用する薬剤によって表面のプリントが消えてしまうからです。
例えば自宅でも自分でシミを落とそうとして「アルコール」や「除光液」などを使って擦れば、簡単に表面に市松模様のデザインが消えていきます。

使用していくうえで剥がれていく模様ではありますが、一部分だけ剥がれてしまうとかなり目立ちますのでご注意ください。
特に色移りの場合は移った染料がPVCに染み込んでいたりすると、プリントされた模様を落とさないで下に染み込んだ染料を抜き取るのはかなり難しい状態になります。
色移りはあまり目立たなくても初期の状態で染み抜き専門店に依頼するようにしてください。


バッグ色移りブログ2















当社ではエナメルの色素分離除去処理を応用することで、プリント柄を落とさずに色素を抜き取る事が可能です。
色移りの激しい縁の部分は薄ら残りましたが、写真ではほとんど分からないレベルです。完全に抜き取ることもできますが、表面の模様を落としてしまうと元も子もありませんので、この状態が模様を消さずに色移りだけきれいに落としたベストな仕上がりとなります。


【お電話での相談】
Tel    092-555-2416 
平日 11時から17時まで
土曜 講習や指導でお休みすることがあります
日曜、祝日はお休みです

【ネットからの相談】
写真などが事前に送れる場合はネット登録も可能です
クリーニングステーション 
(無料診断から相談してください)

【直接お店に持込相談】
Address   福岡県福岡市南区桧原2-11-18
来店の場合は事前に電話で来店予約をしていただいております。
修復師が在社中の時に来ていただかないとその場で診察ができないため、必ずお電話で予約をお願いします。